風画杜

ブログ blog

[diary]

2019.12.11

ご挨拶


新号令和に入ったと思った途端に、消費税
増税やらで現実の世界は何かしらあり、せわしなく、
はじまり感にひたる暇もない毎日ですが、この時期になり
楽しみなことがあります。

この3年連続、お正月はお休みを取らせていただく
ようになりました。

庭園の仕事をしていると、お正月に開園しているために
現場対応と、3月までに完了を目指す仕事の対応などで
休みをとることができないのが当たりだと思っていました。
今年はどうだろうか、と思いながら

   DSC_1352

2019年度、綺麗だナとほれぼれしたタタキ、ベスト1です!
なんと美しい。

   DSC_0814

番外編で、延段。
色味のある自然石を贅沢に組み合わせた延段にも興味を持つ
ようになってきました。

12月末まであとわずか、走り抜けたいと思います。


[diary]

2019.10.23

ランナー


DSC_1448


3年前、仕事から帰ってきた夜、玄関の階段でバケツを蹴飛ばしました。

なぜバケツが玄関階段にあるのだ?と、明るいところで見てみますと、
水が少し入ったバケツにいくつかの草本苗が入っていました。

庭で木々に水をやっているときには、通りすがりのひとから「いろ
いろな山野草が植わっていて楽しいですね」と声をかけられることが
あります。

中学生の子たちが「ここ綺麗やな」と言って写メを撮ってくれている
風景も見かけます。



その1年後にもまた苗が玄関に置かれていました。

夜中にカシャーンカシャーンと土をほるスコップの音が住宅街に響き渡
ります。
その日のうちに植え付けをして枯れないようにします♪

3年前のホトトギス、無事にランナー(根)を伸ばし、着実に育ってく
くれています。

夏の出張シーズンに不在で水やりが足りず、やや葉が焼けてしまったのが
申し訳ない限りです。
木の下に植えてやったらよいのですが、人の目につくところとなると
なかなか日差しが厳しい環境です。
それでも、おすそわけしてくれた方が日々見て楽しんでもらえますよう。

それでも今年の秋も、ホトトギス、トケイソウ、フジバカマ、キキョウ、
ハナニラ、綺麗に咲いています!

今はキンモクセイが枝いっぱいに花をつけて、香りをまいてくれて
います。みんなの庭になってくれると嬉しいです。



[diary]

2019.10.01

ねぶたとねぷた


今年の夏はあまりの暑さに体から熱が抜けず、気を
失いそうになりましたが、そのような辛さも乗り越え
られる出来事がありました!

今年お声をかけていただいた現場が東北地方の屋敷
調査で、2週間近く出張にでました。

東北は何度も訪れている地域ですが、仕事の工程が
中心となると、なかなか祭りや季節的な楽しみが時間
的に体験したり見ることができず、泣いていました。

DSC_1347

DSC_1341

DSC_1349

黒石市のねぷた祭りをいつかきっとと思い、仕事
終わりに黒石市に行きましたが、巡行日ではなく、
また次回となりました。

とても沢山の台のねぷたがまちを合同で練る巡行は
圧巻で、かつ、大小さまざま、子供から大人まで
手作りのねぷた台が並ぶ様子は微笑ましいお祭り
であること間違いなし。
ねぷたの合同巡行は見れませんでしたが、黒石市の
仲間に会えました!とても嬉しい夏の出来事となり
ました。
あつまってくださり本当に嬉しかったです。

今年は唯一、青森市のねぶた祭りに間に合いました!


[diary]

2019.09.28

残暑お見舞い


チラシ レイアウト原稿 裏

米原市堂谷の旧常喜医院は2019年8月1日付で母屋、書院
東蔵など計7件が国登録有形文化財に指定されました。

「米原市近江はにわ館」では、常喜家の所蔵している宝物
の展示公開が行われました。
これから順次、展示物が入れ替わり公開されていきます。

旧常喜屋敷が整備された後には、近くの醒ヶ井宿場町と
一緒に巡っていただける日が訪れることになります。

中山道の宿場町、醒ヶ井ではバイカソウ(梅花藻)がまだ
花の見ごろです。
水がとても綺麗な宿場町です。

      DSC_1402
           水中花


[diary]

2019.02.04

2019亥年

DSC_1008

12月に能登半島で調査した樹種を同定した
かったのですが、同定用にこれまで個人で
集めてきた標本庫のなかにはなく、もん
もんとしていました。
分類結果を図鑑では確認できるのですが、
やはり比較は本物とが一番。
調べたところ、京都府立植物園にありまし
た。
ミヤマウメモドキ